鼻の脂

MENU

鼻の脂を抑える対策方法と原因

鼻の脂

鼻の脂が多く出てしまう原因は毛穴の広がりにあります。

では、毛穴の広がりはどのようにして引き起こされてしまうのでしょうか?

 

鼻の脂が多く出ているときは一見ベタついているように見えますが
肌の内側は実は乾燥しているんです。

 

毛穴の広がりは乾燥しているために毛穴が大きくなっていたんですね。
乾燥が酷く、保湿が不十分だと肌を潤すために必要以上に皮脂を分泌してしまいます。

 

結果として、毛穴に皮脂が溜まり、酸化することで黒ずみになってしまうのです。
つまり、毛穴の乾燥を抑えれば鼻の脂も抑えられるというわけです。

 

肌に乾燥の原因には過度な洗顔も上げられます。
強すぎるクレンジングや洗顔料は逆効果のこともあるのです。

 

鼻の脂どころか、鼻の黒ずみまで酷くなる前に何とかしたいところです。

 

洗顔前のクレンジングをきちんと行い、正しい洗顔、
保湿をきちんとすることが鼻の脂の解消への近道と言えます。

 

ではどうやって、鼻の脂を解消するのかというと、
まずはクレンジングを変えることです。

 

そこで、実際に使用した人のアンケートや口コミなどから
鼻の脂を抑えるのに最適なクレンジングを探し出しました。

 

それが、「フルリのクリアゲルクレンズ」です。

 

フルリ クリアゲルクレンズ

 

鼻の脂

 

鼻の脂

フルリのクリアゲルクレンズが鼻の脂の改善におすすめな理由

鼻の脂

鼻の脂を抑えるのにおすすめなフルリのクリアゲルクレンズは

しっかり化粧を落としてくれることは勿論、それだけだけではありません。

 

実は、フルリのクリアゲルクレンズはW洗顔不要ではありません。

 

えー、面倒くさいなぁと思われたかもしれませんが、
わざわざW洗顔をした方がいい理由がきちんとあります。

 

油溶性の汚れは「クレンジング剤」で落として、
水溶性の汚れは「洗顔料」で落とすという理論があります。

 

つまり、クレンジングと洗顔料は分けた方がいいのです。
W洗顔不要は確かにラクなのですが、

 

1回で洗顔を済ます=洗顔力が強すぎる=肌に必要な油分まで落としてしまう
という可能性があります。そうすると肌の乾燥の原因となってしまいます。

 

ところが、洗顔力を弱くして肌に負担がかからない洗顔にすると今度は汚れが落ちません。

 

ではどうしたらいいのか・・・と開発されたのがフルリのクリアゲルクレンズです。
フルリのクリアゲルクレンズは肌へのやさしさを持ちつつ汚れ落ちを実現したクレンジングなのです。

 

ゲル状で汚れの吸着を

 

鼻の脂

 

酸化還元電位−700mvの水を使用

 

美容皮膚科クリニックとエステティックサロンの共同開発をしているので
専門的な知識があったからこそ作り上げられたクレンジングです。

 

「実際に使用した人のアンケート結果」や「利用者の声」でその満足度が分かります。
※これらはフルリの公式サイトに記載されていますので確認してみましょう。

 

鼻の脂

鼻の脂を自分で押し出すのってしない方がいい?

鼻の脂はやはり気になるため、
中には鼻をつまんでぎゅーっと脂を押し出してしまう人もいますよね。

 

そして脂取り紙でせっせと拭き取るということを行うと、
実は余計に皮脂が分泌されてきて、鼻の頭は脂ぎった状態になってしまいます。

 

余計に鼻の脂が気になるということになってしまいますので、
鼻の脂を自分で押し出すといったことは避けた方が良いということになります。

 

せっかく鼻の脂を取ったのに、余計に脂が出てくるというのはなぜなのかというと、
実は鼻の脂というのは、もともとは必要だから分泌されているんです。

 

皮脂はメイク崩れの原因になり、
さらにはテカリの原因にもなるのでない方が良いと感がる人は多くいますが、

 

皮膚にとっては皮膚を守るためのバリア機能を持つ優秀な膜なんです。

 

肌の表面位は角層というお肌を守るための細胞膜がありますが、
この細胞膜をさらに外部からの刺激などから守る役割をしているのは皮脂膜という脂の膜なんです。

 

紫外線や埃、その他の外部からの刺激は、
この皮脂膜があることでお肌の直接伝わることなくブロックされますが、

 

皮脂を取り除き過ぎれば、この膜ができなくなってしまうため、
お肌はとても過敏な状態になってしまいます。

 

皮膚は皮脂が不足していると察知すると
鼻の脂を産みだし分泌を活発に行うことになります。

 

鼻の脂を取り除けば取り除くほど、皮脂の分泌が過剰になり、
コントロールが難しくなってしまいますので、鼻の脂を取り除き過ぎないことが大切です。

鼻の脂の吸引機の効果やデメリット

鼻の脂がどうしても気になる方にとって、吸引機というのは非常に便利なアイテムですよね。

 

毛穴に詰まってしまった皮脂を取り除くことが出来ますし、
角栓なども取り除くことが出来るので、お肌がきれいになるという効果があります。

 

エステなどでもこの吸引気を使ったフェイシャルエステは行われています。
ただ、吸引気を使うことにはデメリットも存在しています。

 

一つは皮脂を取り除き過ぎてしまう事があるという点です。

 

皮脂はもともとお肌にとっては必要な物なので、
取り除き過ぎれば鼻の脂は余計に分泌されてしまいます。

 

吸引機で皮脂を過剰に取り除かないようにすることは大切ですよね。

 

また、毎日のように吸引気を使ってしまうと、
皮膚にとっては大きなダメージを与えてしまうものになります。

 

使う頻度については取扱説明書などにも書かれていますので、
この使用頻度をしっかりと守ることが大切になります。

 

吸引機で皮脂を取り除き、毛穴の汚れなどを取り除いた時には
しっかりと毛穴を引き締めるケア、保湿をするケアを行うようにしましょう。

 

吸引機で毛穴の汚れを取り除けば、やはり毛穴は開いた状態になります。
きゅっと引き締めを行わないと、余計に毛穴が目立つ結果になります。

 

鼻の脂を取り除いたら保湿を行い、しっかりとお肌の潤いを与えなければ、
お肌は過剰に皮脂を分泌することになりますので、保湿もしっかりと行いましょう。

鼻の脂にあぶらとり紙を使うのはあまり良くない?

鼻の脂にあぶらとり紙を使うのが良いかどうかはケースバイケースになります。

 

成長ホルモンの影響で皮脂が過剰分泌を起こしていたり、
油ものの摂り過ぎなどでオイリーになっている場合は、
適度にあぶら取り紙を使うのは有効です。

 

不要な皮脂を取り除くことで、見た目も改善しますし、
酸化した古い皮脂が無くなるという効果があります。

 

ただ、根本的な解決にはなりませんので、
鼻の脂の原因に対する対策を行うのがベストです。

 

思春期でニキビができているようなら、洗顔やスキンケアの改善や
皮膚科での受診・治療などの方法があります。

 

 

寝不足だったり油っこいものを中心に食べている、
便秘などの悪影響があれば、生活習慣や食習慣を改善するのが望ましいです。

 

また、Tゾーンはテカるけど頬などはかさついているという場合は、
実はお肌が乾燥しているということが考えられます。

 

乾燥から守るために、潤おうとしてTゾーンの皮脂が過剰分泌しているのです。
乾燥している場合には、あぶら取り紙は使わずに、乾燥肌対策を行いましょう。

 

鼻の脂、鼻のテカりが気になるようであれば、
ティッシュで優しく拭き取りメイクを直すというのがオススメです。

 

慢性的に乾燥が気になったり、メイクが崩れやすい方は、
クレンジングや洗顔、基礎化粧品の見直しや洗い方、
お手入れの仕方を工夫してみるのがオススメです。

鼻の脂が多量に出てきてしまうならどうすればいいか

顔と一言でいっても、実は顔の部分によってさまざまな特徴があります。

 

Tゾーンと呼ばれる額や鼻の部分、そしてUゾーンと呼ばれる頬とアゴの部分とで
お肌の質が変わるという人が多くいますが、Tゾーンは毛穴が開きやすく、
Uゾーンは毛穴が開きにくいという特徴があるんです。

 

額、それから鼻は毛穴が開きやすくどうしても皮脂の分泌が活発な部分なんです。

 

さらに、生活習慣によってもこの皮脂の分泌量が上がってきて鼻の脂がすごくなってしまうことがあります。
まず一つはストレスです。ストレスが溜まってくると、皮脂の分泌が活発になります。

 

これはストレスによりホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌を活発化させる男性ホルモンの分泌量が上がり、
皮脂を抑える女性ホルモンの分泌量が下がってしまうからです。

 

脂分が多い食事、糖分が多い嗜好品をたくさん食べるという人も、
同じようにホルモンバランスが崩れて皮脂の分量が上がって鼻の脂が多くなる原因になります。

 

ストレスを上手に解消すること、栄養バランスが取れた食生活を送ることで、
これらの原因を解消することが出来ますよ。

 

スキンケアが間違えていることでも実は皮脂が多く分泌されます。

 

鼻の脂が気になりむやみに拭き取ってしまったり、
皮脂をしっかりと洗い流すタイプのクレンジングや洗顔を行うと、

 

皮膚は皮脂が足りないと思って余計に皮脂を分泌します。
このような場合には、保湿をしっかりと行い、皮脂を摂り過ぎないケアが鼻の脂対策には必要です。

鼻の脂が酷い人はどんな人?

鼻の脂が気になるほどひどい人というのは、どのような人なのでしょうか?

 

まず常に脂取り紙を携帯し、小まめに脂を取り除いている人、
過度に洗顔を行い、皮脂を取り除き過ぎている。という人があります。

 

皮脂というのは、実はお肌にとっては非常に重要なもので、
お肌はこの皮脂を分泌することで、お肌を守り、身体を守っています。

 

身体の一番外側には、分泌された皮脂によって膜が作られていて、
この膜が外部からの刺激をブロックし、身体を守るというバリア機能を持ち、
内側の水分の蒸散を防いで、身体の潤いをキープするという働きを担っているんです。

 

そのため、お肌の潤いが不足していると感じれば、
皮膚は鼻の脂を分泌して水分の蒸散を防ごうとします。

 

鼻の脂を過剰に取り除くと、このバリア機能を担う皮脂膜が失われてしまうことになりますので、
皮膚の内側の水分の蒸散が増えていきます。

 

そのため、皮膚は鼻の脂をさらに分泌してバリア機能を強化しようとします。

 

鼻の脂を取り除けば取り除くほどこの分泌を活発化して行きますので、
皮膚はどんどん皮脂を分泌し、やがてコントロールが難しくなり過剰分泌が常に起こるようになってしまいます。

 

そのため、鼻の脂を過剰に洗い流してしまったり取り除いてしまったりする人は、
余計に鼻の脂の分泌が盛んになって、鼻の脂が酷くなっていってしまいます。

 

対策としては必要な鼻の脂は残し、保湿をしっかりと行うということになります。

鼻の脂が気になる!解消方法は?

鼻の脂がどうしても気になるという場合には、
どのようなケアをしていくことが最適なのでしょうか?

 

脂取り紙で小まめに脂を取り除き、
夜はオイルクレンジングでしっかりと皮脂を洗い流すという人がいますが、
これは絶対に鼻の脂が気になるときには行ってはいけないケアになります。

 

鼻の脂は、取り除きすぎると過剰に分泌されることになるため、
以前よりもさらに鼻の脂が気になることになります。

 

鼻の脂改善として行いたいスキンケアは、保湿なんです。

 

実は皮脂はお肌の内部を守るために分泌されていて、
皮膚の内部が乾いているインナードライの状態になっていれば、
余計に皮脂が分泌されることになります。

 

そのため、保湿を行ってお肌の内部がしっかりと潤っている状態にしてあげることで
皮脂の分泌を抑えてくことが出来るんです。

 

まずはクレンジングはミルクやクリームなど皮脂を過剰に洗い流さないものを使いましょう。
洗顔も泡洗顔を行い、指や手の平でこすらないことが大切です。

 

洗顔後には化粧水でしっかりと保湿を行い、
乳液やクリームを薄く塗って毛穴が詰まらないようにします。

 

角栓が気になる場合も、毛穴パックをして角栓を取り除くということを行うと、
皮膚が傷ついてしまいますので、行うのであれば保湿のためのパックにしましょう。

 

日々この保湿をしっかりと行うことで、次第に皮脂の分泌が正常になり、
鼻の脂が気にならない状態にしていくことが出来ますよ。

鼻の脂がすごくて悩んでいます

鼻の脂がすごくて悩んでいるという人は沢山います。

 

常に脂取り紙が手放せない。メイクが鼻から崩れていくという人は、
鼻の脂が過剰に分泌されているためにこのようなことが起こっているんです。

 

では、鼻の脂がどうして過剰に分泌されるようになるのでしょうか?

 

理由の一つとして、皮脂を取り除き過ぎているということがあげられます。

 

メイクが崩れるから、脂が浮いて気になるからということで、
脂取り紙で常に拭いたり、皮脂を完全に洗い流すタイプのクレンジングを使うと、
皮膚は皮脂が足りないと判断をしてしまいます。

 

皮脂は皮膚にとっては非常に重要なもので、
皮脂がなければ皮膚はとても無防備な状態になり、

 

外部からの刺激がちょくせつお肌に伝わってしまう事になるんです。

 

皮脂というのは、皮膚にとっては大切なバリア膜なんです。
このバリア膜を取りすぎてしまうと、さらにバリア膜が必要ということで皮脂の分泌が過剰になります。

 

では、皮脂の量が適切と感じるようにするにはどうしたらいいのか。というと、
お肌の内部に潤いがある状態を作ってあげることが必要です。

 

つまり、保湿をしっかりと行うことが、
鼻の脂が過剰に分泌されることを抑えるために必要なんです。

 

鼻の脂が気になるときには、適度に皮脂を取り除き、
しっかりと潤いを与えるようにしていくことが必要になってくるスキンケアです。